ずっと伺いたいと思っていた品川の履きもの屋さん「丸屋履物店」さんへ行ってきました!

丸屋履物店
 ⇒下駄・草履・雪駄などの和装履物処―丸屋履物店

「骨董市で買った古い下駄でも、鼻緒のすげ替えをしてくださる下駄屋さんはないかしら?」とネットで調べて見つけた履物屋さんです。

「他店の品物でもお気軽におもちください」とHPに書かれていたので、お言葉に甘えて、下駄を1足・草履を2足持っていきました。 履き方からマナーまで、いろいろなことを教えていただきましたので、ワタシ自身の覚書を兼ねてご紹介させていただきます。

 

 

鼻緒が糊付け・すげ替えがきかない草履

まずは1足め。 鼻緒はボロボロなんですが、台が薄紫色でとてもきれいなお草履です。
草履

 

裏を返すと、鼻緒下に穴が開いているようでしたので、てっきりすげ替えのきく草履と思っていたんですけど。
鼻緒のすげ替えの草履裏

 

「ああ、これはすげ替えできないよ。 だって、裏まで鼻緒が通ってないもの。」と丸屋さんに言われてびっくりしました。
鼻緒が糊付け

 

ひえぇ~! 『なんちゃって裏穴』のついた草履なんてモンがあったんですねーーー!! ご丁寧に「見せかけ」で作られた草履の裏があるだなんて、知りませんでした。 
草履の裏

仕方がないので、まだキレイなカカトのゴムだけ外しまして、後はごっそり捨てることになりました。
草履のかかと

 

普段着~付け下げ程度までの草履を、花柄福林花緒で。

※「鼻緒」という字は、時に「花緒」と書くそうです。 丸屋さんでは「花緒」という字を使われているようなので、以下「花緒」と書かせていただきますね

2足目。 花緒が細くて痛くなるのが嫌で、あまり履いていなかった草履です。 台にあるサーモンピンクと同じ色の細い花緒がついておりました。
花柄福林花緒

 

少しつま先に傷があるのが気になりましたが、「まだ履けそうなのに、捨てちゃうのは勿体ないよなぁ~」と思いまして。 花柄福林花緒の花緒に変えていただきましたよ。 優柔不断なワタシは決められなくて、奥様に見立てていただいた花緒です♪
花緒ー花柄福林花緒

 

「台のピンクが、もうワタシには若すぎるかなぁ?」と思ってもいましたが、これならまだまだ履けそうです。 嬉しいなぁ!

ちなみにかかったお値段は、花緒代4000円+すげ代1000円です。 新しい草履を新調したら、とても5000円じゃ上がらないですもんね♪

この草履の花緒のすげ替えをしていただいて、申し訳なかったなぁ・・・と思ったのが、草履の裏が汚かったということです。

一応拭いてから持っていってはいますけど、こんな風に作業していただく様子を拝見しまして、もっとキレイにしておけばよかったと反省しました。 丸屋さん、ごめんなさい。
花緒すげ1
花緒すげ2

 

そしてもう1つ。 せっかく足に合わせてすげていただけるというのに、足袋を持っていくのを忘れたワタシ。 これも失敗!
花緒調節

 

次回お邪魔させていただく際は、気を付けるようにしたいと思います。

 

三平利休の雨下駄を、亀田縞花緒・赤ツボで。

骨董市で購入したまま大事に仕舞ってあった、三平利休の雨下駄の赤くて細い固い花緒を、亀田縞花緒・赤ツボに変えていただきました。
三平利休の雨下駄を、亀田縞花緒・赤ツボで

 

花緒を変えると、履物が蘇るって本当ですね!
花緒で蘇る

 

ボルドー色の爪皮も付けていただいて、めちゃめちゃ素敵な雨下駄になりました♪
爪皮1
爪皮2

お気に入りの雨コートとの相性も、ばっちりでしたよ!

雨下駄
 ⇒フルレングスの雨コート+雨下駄・爪皮♪

この雨下駄のすげ変えをしていただく際に、「この下駄、最近買ったの? この大阪のお店、今はもうないんだよね。」とご主人がおっしゃったので、すごいなーと思いました。 下駄に入ったこのマークで、わかっちゃうんですね。
心斎橋てんぐ

ちょっと調べてみましたら、『心斎橋てんぐ』さんは、116年もの歴史をお持ちの草履屋さんで、2011年5月末に閉店されているようでした。 他店さんのものなのに、快くすげ直しをしてくださった丸屋さんに大感謝♪ もう手に入らない下駄屋さんの下駄が、履けるようになって嬉しいです。 

ちなみに「下駄裏の金具は、江戸では打たないので、つけないよ」とのこと。 関西と関東では、そうした違いもあるんですね。
下駄の金具

 

麻素材の夏草履を購入しました。

夏着物で出かける際に、涼し気に見える夏用のお草履が欲しいなーと思いまして。 本当ならば、最高級とされる「パナマ素材」が良いのですけど。
最高級はやっぱり高い!ということで、今回は麻の草履から選ぶことにしました。

夏草履1

夏草履2

 

共布の花緒と白いエナメル?の花緒。 どっちにしようか?とさんざん悩んで、ご主人の勧めもあって、白い花緒の方を買いました。
夏の草履

麻草履

 

うん。素敵♪ まだ履いて出かけていないのですが、麻の台の履物は、7月・8月限定ということですので、この夏のうちに2回くらいは履きたいなぁ!と思っています。

 

覚書

以下、丸屋さんの店頭でお伺いしたお話を、殴り書きでメモしてきたので、ワタシ自身の覚書として共有させていただきます。

もしも、何か勘違いして書いていることがありましたらごめんなさい。 お気づきでしたら、お知らせいただけるとありがたいです。

  • 麻の台は、7月・8月限定。 麻の花緒は通年OK。
  • 歯が薄い雨下駄は、雨の日に履く下駄。 季節は限定せずに、1年中履ける。
  • 雨下駄は、浴衣なら素足で履いてOK。 夏はゆかたに合わせてOK。
  • 雨下駄は、表を歩く時ならフォーマルでも可。屋内に入ったら履き替えること。
  • 透明なドームの付いた雨草履は、場に合っていれば履き替えずに屋内で履いていてもOK。
  • 良いものを普段用に下ろすのはOK。 カジュアルをフォーマルに格上げするのはだめ。
  • ワタシの買った夏草履は、絹紅梅や小紋などのカジュアルでOK。 付け下げくらいまではOK。
  • 畳表の下駄はカジュアル。 南部畳表(白)の草履は正装。 夏の正装は、南部畳表草履のように薄い履物になる。
      夏は、フォーマルもカジュアルも、草履の台は薄くなる。 踵の高さ=格ではない。 皮とか布の草履は、畳表草履の代用品。
  • 畳表でも、烏(カラス)はカジュアルになる。 素足で履いて指のあとがつかないので、通な人はゆかた用で履く。 
  • 下駄や草履を履く場合、カカトはなるべく出して履く。 花緒は指にかける程度でがっつり入れない。
  • 台から踵を落として履くと、足の甲に重心が乗って、背筋が伸びる。 着物姿が格好良くなる。

 

最後になりますが、丸屋履物店さん、お忙しいところいろいろ教えてくださって、ありがとうございました! ぜひ、またよろしくお願いいたします。

 

丸屋履物店さんのアクセス

丸屋履物店さんは、京浜急行・新馬場駅から徒歩三分。 北品川商店街を抜けて、養願寺さんの近くにあります。
北品川商店街

養願寺

丸屋履物店さん
 ⇒http://www.getaya.org/access.html

 

 

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。