先日骨董市で買った「江戸小紋」袷の着物。 極鮫小紋です。

江戸小紋 極鮫

 

アップで見ると↓こんな感じ。
極鮫江戸小紋

 

鮫小紋は、江戸小紋の中でも「三役(行儀・通し・鮫)」と呼ばれる、ちょっと格上の部類にもなる模様です。 一つ紋を付けることで略礼装でも着られるという江戸小紋の柄ですが、こちらは紋なし。 普段着です。

「オバサンチックな色だから」という理由だそうですが、破格でGETしちゃいました~

 

 

江戸小紋・極鮫模様

細かい模様を型染した江戸小紋。 鮫小紋は、三役の中でも1番細かい柄であるので、特に格があると言われる模様です。

江戸小紋の極鮫模様

鮫小紋と言ってもいろいろあって、キレイに並んだものを「行儀鮫」、ランダムなのを「乱れ鮫」というのだとか。(参考:KIMONO DESIGN mediaさま)

整然と並んでいるのか?乱れているのか?その区別がワタシにはよくわかりませんが、鮫小紋の柄の大小だったらわかる気がします。

ちょっと大きめなのが「並鮫」、細かいものが「極鮫」。その間に「中鮫」というのがあるらしいのですが、中鮫は未だ見たことがありません。(参考:染一会さん

その昔、裃の柄として広まった江戸小紋には「定め柄」というのがあって、極鮫小紋は「紀州徳川藩(吉宗公の生家)の留柄(とめがら=定め柄)であったのだそうです。

ずーーーーと欲しいと思っていた柄ですが、まさか骨董市で無造作に段ボールに突っ込まれた状態で、出会うとは。 この色、そんなに「オバサン臭い色」でしょうか? 草木染の銘が入ってますけど、人気の無い色なのかなぁ?

草木染

多分この色、亜麻色(あまいろ)ですよね? 俗にいう「ミルクティー」のような甘い茶色のことです。

ただね。 生地に光沢があるからなのか?光の当たり方で「黒く見える・白っぽく見える」といった照りが出るので、見ようによっては「焼けてる?」みたいに見えるのです。

「裄が70もあるし、汚れもないのに、なんでこんなに激安なの?!」とお店の方に聞いてみたら「すっごくオバサン臭い色だから」という返答でしたが、もしかしたら「日焼けして見えちゃう」からだったのかもしれないですね~

しかしながら、光の当たりを変えてみれば、実際に色が飛んでいる訳ではありません。 着てしまえば、全然気にならないみたいですし~

極鮫小紋着てみた

極鮫江戸小紋

確かにババ臭い色ではあると思いますが、実際にババアなんだから、気にしません♪ 

 

帯は織りの九寸名古屋。 帯締め帯揚げは、着物の色と同系色の濃淡で

写真に撮っていないのですが、先日は、白地の塩瀬の染め帯をしめてみました。

この日は、黒の織りの帯。 帯締め・帯揚げは着物の色と同系色を濃淡で。

帯と帯締め

 

極鮫の江戸小紋なので、もっと古典的な雰囲気の帯でも合いそうですよね。 いろいろなコーデで着まわしてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

着物が好きです!!

2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 

七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。

キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!

リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。