光沢があって、薄くて軽い、玉虫色で、模様の端っこがギザギザしている!!
これ↑「銘仙」の着物の特長なのだそうですけど。。。

 

この着物↓も『銘仙』ということになるのかなぁ???
銘仙でうそつき襦袢

結婚したばかりの頃に、主人の祖母からいただいた着物です。
確か、お祖母さんがご自身で織ったものだと聞いたような気がします。
もともと、女工さんがくず繭から自分の着物を作ったのが始まり・・・とされる銘仙ですから、
お祖母さんも、そうしてご自分の着物を仕立てておられたのかもしれませんね。

 

町田ー八王子には、シルクロードと呼ばれる道があるように、
このあたりは、その昔養蚕がとても盛んであった土地なのだそうです。
主人の祖母の地元である町田あたりでも、昔は自宅でハタを織る家が多かったのだとか。

今は、はた織り機のある家など、そうそう無さそうな感じですけど、
自分で着物を仕立てるだけでなく、はたから織ってしまうなんて、すごいですよねーーー!!
大事にしなくてはいけないなーと思っている着物デス。

 

ただ、譲っていただいた着物は、まるで洋服の裏地に使われるキュプラのような風合いでして。
いただいた当時は・・・

「コレは一体なんだろう? 着物? 長襦袢? 
  キレイな色で可愛い柄だけど、寸法的に小さすぎるし、単衣だし。
  何に使えばいいのかしら~???」

・・・と、どうして良いのか?全くわからず。。。
ずーーーと箪笥に仕舞いっぱなしになっておりました。

 

ですが、最近ようやく、普段着の着物を着るようになったワタシ。
袖の長さがまちまち・・・の解決策として、替え袖を使うようになりましたので、
「襦袢の袖にしてみようかなぁ~?」と思い立って作ってみました♪

 

この着物が本当に銘仙なのか?・・・はナゾですが、
本来硬いものが多い銘仙は、その質感から長襦袢には向かない・・・のだそうです。

でも、この着物は単衣仕立てになっていますし、
着込まれているせいもあってか、ハリはあるけどゴワついた感じはないし~

銘仙でうそつき襦袢

紬の襦袢にしたら、良いのではないかしら???・・・と思いました。

 

そもそも、サイズ的にそのままではどうしようもありませんし、
コートや羽織には向かないような気がしますしね。
使わずに仕舞っておくよりは良いかなぁ~?と、思い切ってハサミを入れさせていただきました。

 

作ったのは、替え袖と2部式襦袢の下(裾よけ)です。

作った替え袖と裾よけ

裾よけは、上部をさらし布に切り替えて、ガーゼさらしで紐を作って縫い付けました。
衽や前身頃は、そのまま利用。(腰部分で切り離しただけ)
なぜか?袖幅も丁度良い感じでしたので、袖丈のみ詰めてみました。

 

袖つけ部分は、マジックテープではなくて、スナップボタンを使用しています。
袖の上側に5箇所留めていますので、片側だけで計10個!
両袖で20個のスナップを付けるのは、とても大変でしたけど~

銘仙でうそつき襦袢  スナップボタン

プチン・プチン・・・と、袖を付けた瞬間は、とても幸せな気分でした♪

 

出来たものは、3月初旬に、ピンク色の着物に合わせて着てみましたよー!!

ピンク色の紬

 

頂戴したまま仕舞いっぱなしになっていることが、ずっと気になっていた着物ですので、
襦袢としてであっても、着ることができたことがとても嬉しかったです。

 

まだ余り布が結構あるので、残りはどうやって活用しようか???・・・と、
ただいま楽しく考え中デス~♪

 

替え袖の作り方は、以下の本を参考にさせていただきました。
*クリックするとアマゾンの商品ページへ飛びます*


リメーク小物で楽しむふだんの着物―小物と帯作り、帯結び

 

こちらの七緒にも、替え袖作り方の解説あります。

七緒(VOL5) 着物からはじまる暮らし プレジデントムック 特集:「お手入れ」「お直し」解決隊・小紋日和

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。