襦袢の袖を外して、着物の袖裏に縫い付ける

 

とっても便利な「半衿が簡単に取替えできる、紐が無いボタン式の二部式長襦袢」は、
2部式の“うそつき”と呼ばれるタイプの襦袢ですが。

義母の襦袢を譲り受けたものでしたので、ワタシには裄が足りなくて、
着物と襦袢のサイズが合わなかったのデス~(涙)

二部式長襦袢 裄

 「半衿が簡単に取替えできる、紐が無いボタン式の二部式長襦袢」のレビューはコチラ

 

せっかく便利な長襦袢であるのに、襦袢の袂が振りから飛び出してしまうため、
そのままでは格好が悪くて、着て出かけることができません。

 

そう知り合いの美容師さんに相談してみたところ、
「袖を外して、サイズを合わせて縫い付けちゃえばいいじゃないの♪」と言われまして。
替え袖を付け替えて楽しむ「大うそつき」の長襦袢へと作り変えることにいたしました~

二部式長襦袢 替え袖へ

 

もっとも、この時は「手っ取り早くて、袖が絶対に出ない方法」 があるということで、
着物の袖の内側に襦袢の袖を縫いつける・・・という方法を教えていただき、試してみました。
それが↓コチラ♪

二部式長襦袢 袖

襦袢の袖を、着物の袖の中に縫いつけてしまう方法です~

これはかなりの荒技ですねーーー!!
でも、確かに「絶対に袖が出てこない方法」です(笑)

 

この方法は、外した襦袢の袖を着物の袖幅・袖丈に合わせて、
サイズ直しをする必要がありますので、襦袢の袖の縫い代に余分がないとできませんが。
幸いにして袖幅・袖丈とも、サイズ出しすることが可能でしたので、
ぴったり着物の袖と同じサイズの襦袢(袖)になりました。

この方法ですと、袖と胴部分が離れているため、着ていてとても楽なのです。
また、腕・肩を動かしても衿元までひびくことがないので、着崩れがしにくいところも魅力です~♪

ただちょっと気になりますのは、着物の裏地に袖を縫いつけますので、
いちいち袖を取り替えるのは面倒だということと、
着物が傷むので度々はできない(したくない)ということです。

普段用の着物でしたら『着物毎にお気に入りの袖を用意して、
袖だけ全て縫い付けておけば良いのだ』・・と伺いましたが。。。

それはちょっと大変そうな感じですので、やはり「大うそつき」の襦袢として、
替え袖をマジックテープやスナップボタンで付け替えるように、作り直しておこうかと。

 

で・・・とりあえず・・・とやってみたのが
↓こちらです♪

二部式長襦袢 裄出し

*半襦袢のお直しについては、別途コチラで→着物と裄が合わない時は?その2

 

足し布をして、交織物(化繊)襦袢の袖をしつけてあります。
もともとは白いお袖でありましたけど、仕舞いこんでいたピンクの襦袢を引っ張り出して、
袖を外して付け替えてみたのですが、これがなかなかイイ感じにできましたので♪

近いうちにスナップボタンを買ってきて、ボタンで取り外しできるようにお直ししたいと思っています。

 

とっても便利な「半衿が簡単に取替えできる、紐が無いボタン式の二部式長襦袢」は、
↓コチラから♪

【送料無料】半衿付け替えわずか30秒!半衿を上手につけられなくて困っています・・・そんなあなたにぴったりの「超簡単二部式長襦袢」!!ファスナー付き半衿で問題解決!もちろん自宅の洗濯機で丸洗いOK!

価格:
13,125円

(2013/02/11 18:19時点 )

感想:28件

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。