着物の着付け・和服の紹介 TPOを意識したキモノの知識や着付のポイント、帯結び等をご紹介。 お買い得な着物や素敵な和装小物もご案内。ブログもよろしくお願いします♪

訪問着

訪問着の着物について

訪問着の格

訪問着は、未婚・既婚を問わずに着れる格の高い着物です。

ミセスの第一礼装が、黒留袖・色留め袖で、
ミスの第一礼装が、振り袖になりますが。
訪問着は、その次に格のある着物・・・という位置づけです。

ただ、一言で訪問着と言っても、金糸銀糸・箔・紋入りなど色々です。
やたらとゴージャスなものもあれば、スッキリと落ち着いた印象のものもありますので、
場(シーン)によって着分けるか、帯や小物で、若干の格上げ・格下げをしていただくと
良いと思います。

フォーマルな着物ですので、帯は袋帯を合わせます。
ミスであるお若い方が着る場合でも、振り袖のような派手な変わり結びはしません。
二重太鼓か、控えめな変わり結びで着ていただくのが素敵です。

訪問着のTPO

訪問着は、披露宴やパーティー、お茶会、お見合い、ご結納等で着ることができますが、
刺繍や箔使いが豪華なものほど格が高く見えるように思いますので、
同席される方のお召し物を考慮して、コーディネートするのが良いですね。

七五三やお宮参りといったシーンでも、着て頂ける着物と思いますが。
あくまで子どもが主役のお祝いなので、あまりにゴージャスな訪問着は、
悪目立ちしてしまうので、オススメしません。

また、おばあちゃん(実家の母や義母)達がお着物をお召になる場合も、
見た目が不釣り合いな色柄は避けた方が無難かと思います。

 

■本来、親族の結婚式は留袖か色留ですが。
 仲人さん無しの人前式で、親戚の伯母(叔母)達がお洋服・・・ということもあり、
訪問着+留袖用の帯・小物で出席しました。

 

 

訪問着の柄

時々「付下げ訪問着」なんて言い方もしますけど。
付下げというのは、柄が上を向くように仮仕立てをして模様付けをした着物を言います。
小紋のように、柄が上を向いたり下を向いたりはしていません。

また、訪問着は絵羽模様での柄付けがなされています。
「絵羽模様」というのは、縫い目にまたがって描かれている模様のことです。

訪問着の他、留袖・振袖にも絵羽模様が使われています。

一般的に、衿や袖で絵羽になっていない「付下げ模様」の着物を
「つけさげ」と呼んでいるようです。
訪問着に比べて、模様が控えめな感じです。

ちなみに、「付下げ訪問着」というのは、付下げの着物で
衿や衽で模様がつながっているもの・・・を言うそうです。
訪問着よりは柄が控えめで、付下げと訪問着の間の位置づけ・・・の着物ですね。

訪問着の仕立てと季節

訪問着には、10月~5月まで着る袷の着物と、6月・9月の単衣の着物と、
盛夏に着る薄物の着物があります。

ただ、単衣や真夏にフォーマルの着物である訪問着をお召になる方は、
最近では少ないだろうと思います。
着物に合わせて、袋帯も単衣や絽・紗といった夏帯に変わりますし、
帯揚げ・帯締め、草履・バッグ・・・と、一式揃えないと行けませんので~

ですので、ジューン・ブライドの6月のご結婚式や披露宴では、
「式場の中」であれば、袷の着物で出席される方もいらっしゃると聞いたことがあります。

6月と言っても、初旬か下旬か。地域。その年の天候(気温)でも変わってくると思いますので、
迷う場合は、出席される式場にお問い合わせをされると良いですね。

花嫁さんが和装で、しかも袷の打ち掛けを着られるとか。
ご親族や仲人さんが、袷の留袖を着られるとか・・・そういうことであれば、
参列される方が袷でも問題ないと思います。

ただし、ガーデンウェディングのように屋外で過ごす時間が多い場合は、
袷の訪問着はやめておいた方がいいんじゃないかと。。。
汗だくになってしまって、見た目にも暑苦しいですし。
後で着物のお手入れをするのが大変ですから~

訪問着の素材

袷・単衣の訪問着としては、縮緬・綸子・紬など。
夏物だったら、絽・紗あたりが一般的かと思います。

紬は普段着用・・・と言われていますが、付下げにして、
絵羽模様の訪問着に作られているものもあります。
着用シーンは、ご購入の際にご確認になってみてくださいね。

訪問着の紋

訪問着の歴史は、それほど古いものではなくて。
大正時代に「訪問服」と名付けられて、公式な訪問の際の社交用の着物として
誕生したのだそうです。

その当時は、三つ紋をつけたそうですが、最近では付けないことの方が多いように思います。
紋入れをしたとしても、背にひとつです。

入れる場合は、着物の雰囲気に合わせて、抜紋か縫紋(刺繍紋)で入れることが多いようです。

訪問着の小物合わせ

色留袖の次に格の高い着物ですから、帯や小物も上品で格のあるものを合わせます。

ただ、パーティー向きの現代風の着物には、はっきりとした色目のモダンなものを
合わせていただくと、着物の雰囲気とマッチして素敵になります。

金・銀が多く入ったり、白がベースとなっている小物使いをすると、
格が上がって見えるように思います。

【袋帯】佐賀錦・綴錦・唐錦といった織りの帯で、金銀使いはフォーマル向けです。
    古典柄の着物には、古典柄の帯を合わせるとしっくりきます。
    格の高い文様は、松竹梅・鶴亀・吉祥模様(桐鳳凰)・有職模様・
    正倉院模様(宝物文)などがあります。

    祝いの席には、末広を帯にはさみます。

【格のある名古屋帯】織りの帯で、袋名古屋の豪華なものなど、訪問着に合う帯もあります。
    礼装にはなりませんが、観劇・お茶会・お正月などのお出かけには締められます。

【半衿】袷の時期には、塩瀬地・または縮緬地の半衿です。
    3~5月・9~10月は塩瀬の半衿。
    真冬に縮緬地の着物を着る場合は、縮緬地が良いそうです。

    場合によっては色半衿もありかと思いますが、正式には白い無地です。
    刺繍衿を使う場合は、モチーフの合ったものを。

【伊達衿】入れても入れなくても構いません。
    伊達衿を入れると華やぎが増しますので、TPOに合わせてください。

    やわらかい色めの着物には、成人式の振り袖に使うような派手な色合いのものよりも、
    淡いカラーのものが合うと思います。ムリに入れる必要はありません。

【帯締・帯揚】帯や着物と合う、フォーマル用のものを使用します。
     平でも丸でも構いません。 金・銀の入ったものは格があります。

    礼装ではなく、ちょっとしたお出かけで使う小物は、着物や帯と合っていれば
    使えます。

    総絞りの帯揚げは、振り袖用なので使いません。

【草履バッグ】織り地のバッグ・草履の方が、フォーマル度が高いです。
   エナメルのものでも大丈夫ですが、台は高め・鼻緒は佐賀錦や金箔使いなどの
   格のあるものを合わせてください。

   パーティーなどでは、ビーズのバッグも合うものがあります。

 


 
    

お問い合わせはこちらから

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

広告

■Google+ページ


★サイト内検索★

キモノ-着るなら.comへようこそ!

キモノ-着るなら.comは、和服の知識や着物関連商品の話題をお届けしている「着物のサイト」デス。
上部タブ(ページ)からは、知識やHowToを。 ブログ(記事)では、レビューや雑記をご覧いただけます。
管理人プロフィールはコチラ

当サイトへのリンク
☆応援クリック
 どうぞよろしくお願いします☆

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ ブログランキング

 

■ツイッター♪


■楽天市場へ♪

 

PAGETOP
Copyright © キモノ-着るなら.com  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.