着物の着付け・和服の紹介 TPOを意識したキモノの知識や着付のポイント、帯結び等をご紹介。 お買い得な着物や素敵な和装小物もご案内。ブログもよろしくお願いします♪

単衣の着物について

単衣の着物を着る時期とは?!

 

単衣の着物と言っても、色・柄・質感・・・など。 同じ単衣でも、いろいろな着物がありますよね。

最近では単衣解禁の6月に先駆けて、4月末~5月あたりから単衣をお召になる方が多いそうですが、その場合はほっこり系真綿紬ですとかウール混の単衣ですとか、単衣の着物の中でも少し地厚のものが向いています。 単衣は単衣でも、気候に併せて着る着物の生地の質感(厚さやほっこり感)を選ばれると良いと思います。

「ちょっと暑いなー!」という陽気の日に着る単衣は、お召、木綿、大島塩沢のような光沢のある生糸系の紬がオススメです。

ポイントは「その日の季節感と、着物の見た目(季節感)がマッチしているか?」なのだそうですよ。

 

↓こちらの紬は、少し早目の春時期から着れるように・・・と、あえて単衣に仕立てていただいた結城紬です。

結城紬の単衣 (1)  結城紬の単衣 (2)

 

真綿からつむいだ結城紬は、ほっこりとした厚手の紬ですからね~
夏日のような暑い日には向きませんが、4月末・5月初旬あたりの「単衣としては早目の時期」でも、寒々しい印象にはならずに着れて、便利です。
6月に入って梅雨入りした際の少し肌寒いような日でも、問題なく着れそうですしね~

 

 

先日の初夏を思わせるような良く晴れた日に、先輩(着付)がお召しになっていた単衣は、さわやかな色合で、シャリ感のある素材の単衣でした。
夏単衣

お会いしたのは、まさに単衣解禁日の6/1!!
夏が来たかと思えるような、カンカンのお天気でしたので、涼しげな着物姿が、とても素敵に見えました。

 

 

こちら↓は先日(6/11)ワタシが着てみた「程よい質感」の単衣です。
カシオ (12)   070-CIMG0250

 

この日は朝から、小雨が降ったり止んだりで、半袖のTシャツではちょっと肌寒いような日でしたので。
厚地でもなく、薄地でもなく・・・といった程よい厚みのこの単衣は、ちょうど良い感じであったと思います。

骨董市で掘り出したものなので、紬ではあるとは思うのですが、実は素材がよくわかりません。
9月になったら、小物の色を暖色系に変えてあげれば、秋もいい感じで着れるかなぁ?と思っています。

069-CIMG0248

 

 

こちら↓も骨董市での入手の品ですが、これは洗える着物ですよ!
雨でもへっちゃら・・・な交織物の単衣です。

あらえる単衣 (3)あらえる単衣 (1).

化繊は風通しが悪いので、薄手な割にあまり涼しくはありませんが、
見た目の合いと、テッセンと思われるゆきが夏近い頃の単衣に向いていると思います。

 

 

6/15に着て出かけてみようと思っているのですが、このところ、あまり天気が良くはないので、帯は単衣用の名古屋帯を選んでみました。
薄手のうずら縮緬の帯揚げと、軽い感じの帯締めで♪

あらえる単衣 (2) 

 

ねえ? 同じ単衣の着物と言っても、冒頭の結城紬の単衣と、こちらの交織物の単衣とでは、 季節感がかなり違う気がいたしますでしょ?!

その日の天気や温度に合わせて、ファジーに選ばねばならない単衣の着物は、いろいろ迷ってしまうことも多いですが。。。
袷の帯も・単衣の帯も・夏帯も・・・と、コーディネートの幅はかなり広い!! 逆を言えば、それだけ楽しめる♪ということですよねーーー!!

 

CE木綿着物「単衣仕立て」No4240 【送料無料】ポリエステルの単衣の小紋【キクチリョウコ】RK-10

 

フォーマルやお茶席といったキチンとした場では、和装の基本(しきたり)に従わないといけませんが、気軽な普段着でしたら、見た目に暑すぎたり・寒々としすぎたり・・・・という違和感がなければ、自由に組み合わせても平気らしいです。

単衣時期の図

って・・・その自由な組み合わせが難しいのですけどね(笑)
難しい単衣の時期に、あえて着物で出かけることで、着物通になれるように頑張りたいと思います♪

 

☆おまけ☆

ちなみに、基本的に季節を問わずにひとえ仕立てをする「木綿の着物」は、ひとえ以外の時期でも堂々と着ることができる「単衣の着物」として、1つあると便利だそうです。
春~初夏・初秋と着るなら、薩摩絣や片貝木綿がオススメだと、七緒vol.17(「ひとえに注目」)に書かれていました。

その他、紬やお召といった『裏表がない生地』というのも、裾が翻ってもOKなので単衣にうってつけなのだそうですよ。

単衣大島紬 横ソ 唐草模様★送料無料 片貝木綿「藍格子・手縫い単衣仕立て」

やわらかものの着物でひとえを作るなら、江戸小紋のような無地感覚の小紋が良いそう。
季節を問わない抽象柄や幾何学柄がオススメです。
ポイントは、やはり裏まで染が通っているもの。そうした反物で仕立てた小紋の単衣なら、観劇やお茶会といった「キチンとした場所」でもOKなのですって。

立体的な素材感のある「地紋がある小紋」も単衣に向いているそうです。

単衣とはちょっと違いますが、袷の仕立てから胴部分だけ裏地を抜いた「胴抜き仕立て」の着物も、最近人気があるのだと、なじみの呉服屋さんから伺いました。
裾やお袖は袷だけど胴は単衣の仕立てになりますので、素材にもよるかと思いますが、3シーズン着られるという万能着物になるそうです。

ただし、6月も半ばを過ぎて、胴抜き単衣の着物に夏帯を締めたりするのは無理があるんじゃないかなぁ~とは思います。 あくまで「袷の着物に準ずる着物」ではあるようです。

 

お問い合わせはこちらから

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

広告

■Google+ページ


★サイト内検索★

キモノ-着るなら.comへようこそ!

キモノ-着るなら.comは、和服の知識や着物関連商品の話題をお届けしている「着物のサイト」デス。
上部タブ(ページ)からは、知識やHowToを。 ブログ(記事)では、レビューや雑記をご覧いただけます。
管理人プロフィールはコチラ

当サイトへのリンク
☆応援クリック
 どうぞよろしくお願いします☆

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ ブログランキング

 

■ツイッター♪


■楽天市場へ♪

 

PAGETOP
Copyright © キモノ-着るなら.com  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.