着物の着付け・和服の紹介 TPOを意識したキモノの知識や着付のポイント、帯結び等をご紹介。 お買い得な着物や素敵な和装小物もご案内。ブログもよろしくお願いします♪

振袖について

振袖とは

振袖模様を略して「振袖・ふりそで」と呼びます。
絵羽づけされた袂(たもと)の長い着物のことで、ミスの第一礼装となる着物です。

*絵羽づけ=1つの模様が着物の縫い目で途切れることなく、連続した模様になるように入れられた模様。

本振袖・中振袖・小振袖の3種類があり、袖丈の長さによって、用途や格が変わります。

 

  • 本振袖(大振袖)袖丈三尺~三尺三寸 約114~125センチ前後
  • 中振袖     袖丈二尺四寸~八寸 約91~106センチ前後
  • 小振袖     袖丈二尺~二尺三寸 約76~87センチ前後

*75センチ前後をニ尺袖、85センチ~95センチを小振袖と分けることもあるようです*

 


 

 

本振袖(大振袖)

本来は、黒地・五つ紋つきの黒振袖のことを「本振袖」としたそうですが、
現在では黒・白・色物の振袖とも本振袖として、ミスの第一礼装・・・ということになっています。

地色が黒・白・赤の本振袖は、明治時代ころから花嫁衣裳とされてきました。
和装のお色直しや儀式用に使用され、婚礼ではお引きずりで着ることもあります。
箱セコ・扇子・抱え帯を使い、格式高くお着付けします。

婚礼用とは別の本振袖は、成人式・謝恩会・結婚披露宴・パーティーなどに使用します。
婚礼の本振袖に比べて、絵羽づけ模様が軽くなり、総模様の他に部分的な柄染めのものもあります。

 

中振袖

結婚式の出席や成人式などの正式な儀式の場に着用します。
大振袖に次ぐ礼装で、袖丈100cm前後の長さです。

昔の成人式は中振袖が一般的でしたが、現在の女性は身長が高くなったことから、
振袖の袖丈も長くなり、大振袖と中振袖の区別がなくなってきているのだとか。
着物を着た際の袖の長さ(見た目)は、着るヒトの体型や背丈にもよることから、
最近では大振袖と中振袖の両方を、総称的に「振袖」と呼んでいるようです。

 

小振袖

観劇やお茶会など、気軽なお出かけ・パーティーなど、気軽に・堅苦しくなく振袖を楽しむ場合に
向いています。付け下げ訪問着と同格のセミフォーマルの着物となります。
袖丈が短いので、可愛らしいイメージになりますが、既婚女性でも若いうちは着ることが出来るそうです。

小振袖の袖丈は、訪問着や付け下げ訪問着などよりも袖が長く、中振袖まで長くない・・・という感じです。
卒業式の袴に合わせる着物は、小振袖も多いです。
絵羽づけだけでなく、小紋や色無地で仕立てることがあります。

 

ネットで買える成人式向けの振袖





 

振袖を着る場面。

 

振袖は、ミスの第一礼装ですので、成人式・謝恩会・結婚披露宴・パーティーなどが相応しいです。
その他、ご結納やお見合いといった場面でも、お召しいただけます。

また、お正月の初詣やお年始まわりに着ていただいても大丈夫です。

 

ひとつ気をつけていただきたいのは、振袖の帯結びについてです。
袋帯の「立て矢結び」は、ご本人が主役の時に結ぶ結び方と言われていますので、
成人式やご結納はOKですが、結婚披露宴にお招きされた場合には向きません。

最近は、創作でのアレンジ結びが主流ですので、あまり気にすることはないと思いますが、
古典の立て矢結びでの披露宴の出席は避けてください。
花嫁さんのお色直しには、よく結ばれていた結び方です。

 

ミセスも振袖は着られる?

 

これについては、賛否両論あるようですので、きっぱりと言い切ることができないのですが。

一応「振袖はミスの着物」という建前を踏まえた上で、まだ出産前のお若い女性であれば、
着ていけないことはない・・・という意見も多いようです。

お若い方でも、さすがに子どもの手を引いたママが振袖を着るのは、ちょっと浮いてしまう
ように思いますので、お止めいただいた方が無難です。

写真館では、コスプレのようなイメージで、ご成人のお嬢様とご一緒に
ママも振袖で撮影をされることもありますが。
あくまで写真館の中だけであって、既婚の女性が振袖姿でお出かけすることはできません。

 

成人式の振袖

 

成人式に振袖を着る・・・一言でそう言っても、そのスタイルはいろいろありますね。
新しく買う。家にあるものを着る。レンタルをする。人に借りる。。。などです。

最近では、写真館で記念撮影をする際の着物と、当日のお式に着る着物とで、
違う着物を着ることもよくあります。

例えば・・・

  • 撮影にはママ(姉)の着物で、当日はレンタルの着物。
  • 撮影にはレンタルの着物で、当日はママの着物。

・・・という感じ。

 

もちろん、撮影もお出かけも同じ着物で・・・という方は多いですし、
撮影時のみ2~3着の振袖を着て、写真に残すという方もいらっしゃいます。

一生に一度の大事なイベント・・・と、ご本人はもちろんのこと、楽しみにされていらっしゃる
ママやおばあちゃまも多いですね。

どうぞ、幸せな思い出となるステキなご成人式となりますように!
準備のほうも、がんばってみてくださいね~

お問い合わせはこちらから

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

広告

■Google+ページ


★サイト内検索★

キモノ-着るなら.comへようこそ!

キモノ-着るなら.comは、和服の知識や着物関連商品の話題をお届けしている「着物のサイト」デス。
上部タブ(ページ)からは、知識やHowToを。 ブログ(記事)では、レビューや雑記をご覧いただけます。
管理人プロフィールはコチラ

当サイトへのリンク
☆応援クリック
 どうぞよろしくお願いします☆

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ ブログランキング

 

■ツイッター♪


■楽天市場へ♪

 

PAGETOP
Copyright © キモノ-着るなら.com  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.