衣装箱から、ずいぶん昔に買ってもらった「八寸名古屋帯」が出てきました。

八寸名古屋帯

 

「ずいぶん安くなっていたから♪ 交織物だし、自分でかがって使ってみたら?」
・・・そう言って、お義母さんが買ってくれたものなのに、そのままずーーーーと、仕舞いこんでいたものです。

八寸名古屋帯 交織物

 

丸めて反物状態であった帯ですが、たれ先を輪にして、仮止めしてありましたので、
「この位置でこのまま両端をかがればいいんだよね・・・?そのくらいならできるかも♪」
・・・とばかりに、手持ちのかがり帯をいくつか参考に引っ張り出して、縫ってみること・・・

八寸名古屋帯をかがる

 

糸は、黄色かな?赤がいいかな・・・?とちょっと悩んで、黄色を選択。
たぶん絹糸じゃないけど、まあ、いっか♪・・・くらい適当な感じで始めました。

八寸名古屋帯をかがる糸

 

たれ先は輪のまんまで、タレ先側からかがり始めて・・・

たれ先は輪のまんま

 

帯を2枚合わせたまま、端っこをくるくる・・・巻きかがりしていきます♪

たれ先からかがる

 

 

帯の両端をかがり終わったら、仮止めしてある糸を外して、
タレの耳部分を千鳥がけにしていきます。

本当は「耳」部分を1センチくらい折りこんで縫うみたいですけど、
結構硬い化繊の帯なので、耳はそのまま、出した状態で縫っちゃいました。

千鳥がけ

 

骨董市で買ったかがり帯も、結構いい加減な縫い方をしてありましたので、
「どうせ見えないもんねー♪」とばかりに、雑な縫い方・・・
どんどん針目も大きくなって、縫えてりゃいいっしょ!!くらいな感じになってますので、
和裁をなさる方がみたら「なんじゃこりゃ???」と言われちゃうかも~

 

手先は、中表にして端から1.5センチくらいのところを波縫いしました。
本当は、返し縫が良いみたいですけど、上手にできそうもなかったので・・・。

手先は波縫い

 

手先を表に返して、波縫いしたところを内側に入れ込んでキセをかけます。

手先のキセ

 

最後に、手先の端から手の上部を2枚合わせてかがります。
かがる範囲は、よくわからなかったので(手持ちの帯は、長いのも短いのもいろいろあったので)、
帯幅分程度の長さをかがってみました。

手先をかがる

 

 

ハイ、出来上がりで~す☆ どんなもんでしょ?!

八寸名古屋帯のかがり方

大雑把な縫い方ゆえか?、思いのほか簡単に出来ちゃいました♪
また今度、安い八寸を探して、縫ってみようと思いマス☆

 

 

翌日、蝶ちょ柄の紬に合わせて締めてみました。

この着物・・・購入時には何も考えずに買っちゃいましたが、春用ですよね?!
秋冬時期に、蝶ちょはちょっとキツイ気がしますので、せいぜい年が明けて梅が咲くくらいになってからかな?
そう考えたら、今着ておかないと、当分着れない着物なんだなーっと。
蝶ちょの紬

 

帯締め・帯揚も、春っぽいキレイ色にしたかったのですけど、
う~ん・・・残念ながら、ちょうどいい帯揚がなかったのデス。。。
仕方なく薄い藤色にしてみましたけど・・・合わなくはないよね???

春用の帯締め帯揚

 

それにしても、自分で着付けた着物姿ってヤツは、毎回毎回、写真で見てはため息が出ます。
なんでこう、着崩れているんだろう???

衣紋が思いっきり上がっちゃって、衿元がお婆さんぽくなっちゃってるし、
帯が下がって、おはしょりが短くなっちゃってるし!
つり革につかまったからでしょうか?脇がみごとにモタついて、胸の辺りがブヨっとしてるしぃ~
なんだか、帯揚の処理もキッタナイ。。。

後ろ姿

 

もっとこう、ビシッ!とスッキリ着たいんだけどなーーー!!
お客様に着付するのと、自分で着てみるのとでは、こうも違うものなのか?
なんでこんなに下手くそなんだろうーーーー(涙)・・・と、
写真を見るたびに、後悔の嵐に襲われマス。

 

次のお出かけ時には、もう少しキレイに着られるようにがんばりますーーー!!

和裁の本は、1冊あるといいかもですね。。。


*オススメは「はじめての和裁 DVDつき手習い帖」みたいです。
 ワタシも欲しい。。。

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。