着物の着付け・和服の紹介 TPOを意識したキモノの知識や着付のポイント、帯結び等をご紹介。 お買い得な着物や素敵な和装小物もご案内。ブログもよろしくお願いします♪

三歳の祝着

七五三・3歳のお祝いの着物

3歳女児用 被布・着物のセット

三才の祝い着で定番となっているのが「被布と着物のセット」です。
被布セット
 

写真館のレンタルセットは、こちらのタイプが多いかと思います。
ふっくらとした被布コートが可愛らしいです♪
三才被布
 

3歳児に「汚すな」というのはかわいそうですから、素材はポリエステルのものが、
汚れを気にせず気楽で良いと思います。

被布の下は、三尺帯(兵児帯)を締めておくと、被布コートを脱いだ時もカワイイですね。
後ろのりボンがふんわりとして、お被布を着た際に背中がほっこりするのが愛らしいのです。
三尺で
 

三尺帯(兵児帯)は、浴衣やお正月のウールでも使えますし、
そう高いものでもないので、1本あるといいですね。
3歳 兵児帯
 

写真館では、被布を着ての撮影になるため、レンタルセットには入っていないことが多いです。
(着物に伊達締めをして、そのまま被布を着てしまいます。
中は見えないので、被布を脱がなければ三尺帯は無くてもわかりません)

 

ただ「被布が大きすぎる、または襟ぐりの開きが広い」という理由から、
胸元の伊達締めが見えてしまう
ことがありますので、
その場合は伊達締めを見えない位置まで下げるか、見えても見苦しくないように
伊達締めの上に兵児帯を締めてあげてください。

あまり伊達締めを下げてしまうと、付け紐が見えてしまったり、襟元が着崩れすることがあるので、
本番前にご確認されることをオススメします。
付け紐
 

お手持ちの祝い着や、お宮参りの掛着を直して使う場合には、
被布を着ないでも構いませんが、被布コートだけ別売りもされています。

被布はベストのような形ですから、サイズが合わなくて着ることができないということは、
あまり無いかと思いますので、市販品で「色柄」が合うものであれば、
単品でお求めいただくのも良いかもしれません。

 

 

3歳女児用 作り帯のセット

被布を着ないで、3歳児用の作り帯のセットを合わせる方もいらっしゃいます。
その場合は、七歳の女の子の祝い着と同じような支度になります。

三才作り帯
 

 

ただ、帯付きで着付けができるかどうか?は、お嬢様の「やる気次第」といったトコロがあります。

ママや御祖母ちゃまはやる気マンマンでとても楽しみにお支度にいらしているのに、
当の本人は全く気乗りしていない・・・と言った場合は、
着物を着て・帯を締めて・帯揚げや帯締めを整えて・・・と、最後までもたないことが多いのです。

3歳様くらいですと、着物を着て写真を撮る・・・といったことへの興味は、とても個人差がありますし、
下見の時点では乗り気だったのに、当日はなぜか?足袋を履く段階から大泣きで・・・といったことも
珍しいことではありません。

中には、ヘアメイクの時点で「イヤイヤ」・・・されてしまったり。
そうなると、かんざしを挿してもすぐに引っこ抜かれてしまったり、ゴムを縛ることすら
させてもらえなかったりしちゃいます。

ですので、三才さんに日本髪を結ってもらったり、帯付きでお支度させてもらったりするには、
予め舞妓さんの写真を見せて気分を盛り上げておくとか、足袋を履く練習をしておくなどの、
事前準備が必要なのかもしれません♪

どうぞ、無理強いせずに、“機嫌の良い時を狙って、何度かトライする”くらいのお気持ちで
挑戦してみてくださいね。怒ってみても逆効果ですので、スムーズにいかなくても
叱らないであげてください。

3歳日本髪
 

着物のサイズが合わない時は・・・

着物の裄(ゆき=袖の長さ)が合わないときは、肩上げをあげる・出すなどして腕の長さに合わせます。
着丈(きたけ=裾の長さ)が合わないときには、腰上げを直して調節をしてください。
 

腰上げ
 

レンタルの着物の場合は、腰上げが上がっていないことが多いと思います。

スタジオの撮影でしたら、おはしょりを出して腰紐で着付けてしまいますが、
お宮参り等の“お出かけ”としてお召しになるのでしたら、
腰上げを縫ってしまった方が良いです。

お子様も着ていて楽だと思いますし、着崩れせずに1日きれいに着ていただけると思います。

 

三才さんは成長がとても早いので、例えば春に七五三祝いの前撮りを済ませておいて、
秋(10~11月の七五三シーズン)に宮参りをするために、もう1度同じ着物を着た場合に、
着物の裄や丈がツンツルテン・・・ということがあります。

お子さんが大きくなったことで、腕や背が伸びてしまったためです。

ですので、お宮参りに行かれる場合には、直近でのサイズのご確認をオススメいたします。
当日「ゲ!短い!!」と気がついて、肩上げ・腰上げを縫い直すのは、
とても大変な作業ですから~

三歳・女児の着付けに必要なもの

七五三の被布・着物の着付けに使うもののリストと説明

 肌着・インナー
子ども用の肌襦袢があれば良いですが、あえて購入する必要はないと思います。タンクトップ・半袖肌着 ・キャミソールなどの、普段お使いのインナーで大丈夫です。 3歳の場合、裾除けはいらないと思います。数えのお子さんですと、まだオムツだったりしますし、足捌きが悪くなるので歩きにくくなります。寒いようであれば、スパッツなどを穿かせてください。また、被布の場合は要りませんが、帯をするのであれば、お腹に2つ折りのタオルを1枚巻く(背中で合わせる)と良いです。長袖は袖から見えるので、避け七分袖・半袖が無難です。
長襦袢被布セットであれば、長襦袢も入っていますが、初着を使う際には別途購入する必要があります。多少すべりますが、ポリエステルのもので充分です。



半衿
セットの長襦袢に半襟がついていないことがありますが、七五三用の半襟は7歳用のものが多いです。(長さが長い)刺繍入りの半襟の場合、そのまま3歳の長襦袢につけてしまうと柄が胸の方へ入ってしまい、襟元に出てきませんので、中心でつめてからつけてください。3歳児は首が短いので、半襟は5ミリ程度しか見えないため、つけずにそのまま済ませてしまうこともありますが、本来は汚れ防止のためにもつけた方が良いものです。
 3歳被布セット被布コート・三ツ身着物・三ツ身襦袢・重ね衿・草履・巾着・髪飾りが揃ったセットです。安価なポリエステルのものから、正絹のセットまで、価格にはかなり幅があります。腰上げ・肩上げ済みのセットの場合、お子様の身長によってはサイズ直しの必要があります。七五三以外にもお正月・結婚披露宴にも着ていただけます。足袋がついているものとないものがあります。



三歳草履巾着セット
エナメル台の草履は、汚れが落としやすいので便利です。神社の境内や参道は、砂利道だったりしますので、結構ドロ汚れが付くようです。履きなれないと疲れますので、履きなれた靴で移動して、撮影やお参りの際だけ草履を履くというのもオススメです。かかとにゴムのついた草履もあります。



子ども用足袋
足袋はストレッチのきいた靴下タイプ(ゴム口)が履きやすくて良いです。あまりお安いものは、生地が薄すぎたり、はきこみ口のゴムが伸びなかったりしますので、注意が必要です。最近はクロックスサンダルなどの流行で、ゴム草履を履くことが少なくなり、指の股に違和感があることを嫌がるお子さんが多く見受けられます。少し早めに、ご自宅で使用して練習されると良いですよ。



お子様用髪飾り(3歳)
髪の毛の量や長さで選んでください。日本髪に使うような3連髪飾りでもOKですが、小ぶりのものでないとバランスが悪くなります。簪の「枝(金属の棒部分)」が長いタイプは、髪から飛び出してしまうことがあります。

3連の豪華なものは7歳にとっておいて、3歳用の小ぶりなものを購入されると良いと思います。大きさによっては、7歳のセットの中の前2つを使うということも可能です。



お子様用かのこ
日本髪風につくる時に使う髪飾りです。後頭部にピンでとめて使います。髪飾りの色に合わせて選んでください。対で「ちんころ」という細いタイプを前髪の上につけます。7歳のお祝いでも使えます。



ちんころ
かのこや他の髪飾りと一緒に使います。房付きなものと、房のないものと、どちらでもお好みで選んでください。



子ども用伊達締め
着物に付紐がついている場合、腰上げがしてあれば腰紐は要りませんので、伊達締めだけでOKです。大人用のマジックテープタイプはすべらないので、七五三にも便利に使えます。腰上げがない場合には腰紐が必要です。大人用のモスリン紐でも使えますが、だいぶ長くはなってしまいます。かわいい柄の子ども用伊達締めであれば、兵児帯をしなくても、被布を脱いだときに見栄えが良いです。

 兵児帯(三尺)
無くても構いませんが、伊達締めの上に背中でリボン結びにしておく(浴衣の着用時のように)と、被布の背中がふんわりと膨らんで、可愛らしい感じになります。脱いだときにも、かわいいです。七五三だけでなく、浴衣にも使えます。


 


 

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

 

お問い合わせはこちらから

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

広告




■Google+ページ


★サイト内検索★

キモノ-着るなら.comへようこそ!

キモノ-着るなら.comは、和服の知識や着物関連商品の話題をお届けしている「着物のサイト」デス。
上部タブ(ページ)からは、知識やHowToを。 ブログ(記事)では、レビューや雑記をご覧いただけます。
管理人プロフィールはコチラ

当サイトへのリンク
☆応援クリック
 どうぞよろしくお願いします☆

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ ブログランキング

 

■ツイッター♪


■楽天市場へ♪

 

 

 

PAGETOP
Copyright © キモノ-着るなら.com  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.