ニッセン着物通販カタログ「都粋」の表紙で、
モデルさんが着用しているストールに一目ぼれをして、
都粋ラビットストールを購入しました♪

ニッセン ラビットストール

 

 

カタログの表紙を飾っている「グレー」にするか?「ダークブラウン」にするか?と悩みましたが、
手持ちの黒い毛皮のコートと合わせることを考えて、ダークブラウンを購入しました♪

ニッセン都粋ラビットストール

 

『毛皮に毛皮って、合うかなぁ~?色も違うし・・・』と懸念してもおりましたケド、
ムートン調のコートでも、そんなに違和感はないように思っています。
和装用のストールではありますけれど、普通に洋装で使ってみてもいい感じデス♪

毛皮のコートとラビットストール 

 

実は、ニッセンさんから届いた荷物を開けて、最初にラビットストールを見た際には、
「あっれー?!なんだかペッタンコで薄くない? 写真でみるのとずいぶん違うなぁ。
もっとフワフワで豪華に見えたストールなのに、なんだかショボイ感じに見える・・・」
と、パッケージ(透明な袋)を開けながら、すでに返品を考えてしまったワタシでしたが。。。

袋から取り出して、数回バサッバサッと振ってみると、なんだか毛が膨らんできたような気がします。
「あっれー?!なんだかボリュームがでてきたよ?これなら、返品せずに使えるかしら???」

 

ニッセン「ラビットストール」は、普段使いにちょうど良いボリュームです。

 

ニッセン・ラビットストールの作りは、細い棒状の毛皮が横糸でつながって
1枚の平たいストールになっていますので、フォックスショールのような分厚い感じはありません。

ラビットストールをかざしてみると、隙間が良ーくわかりますし、
指がファーの間を突き抜けますし。
フォックスと比べちゃうと、シュルン・・・と薄い手触りです。

ラビットストールの作り

 

ですけど・・・
普通に見れば、スカスカしては見えないですし、それなりのボリューム感があるんですよ♪
このボリューム感が、フォーマル過ぎずゴージャス過ぎず・・・ちょうど良い感じなのです~

ニッセン ラビットファー 

 

こちらの写真は↓着物で使ってみたところです。
さすが和装カタログ掲載のストールですね。
肩の上にいい具合におさまりますので羽織りやすいし、見た目よりもずっと暖かいです

ラビットストールを着物で ラビットストール・後ろ

↑もっと寒い日であれば、ストールを衣紋に乗せて、首元まで引いても良いと思いますけど。
衣紋の下にくるようにしてかけると、着物姿をキレイに見せてくれるような気がします。

 

ストールを外して手に持った際に、ブワブワしないので持ちやすい・・・というのも◎です。

ラビットストールを手に持ったところ

 

 

縦に並んで目立たないカタチで、ホックがついていますので、
好きなトコロで、ホックを留めることもできるというのも便利です。

ホックで留めるラビットストール

 

洋にも使えるリアルファーのストール

↓こちらの写真は、洋服で使用してみたトコロです。
上側の2枚がワタシ。。。ちょっと巻き方が無造作すぎてイマイチですけど・・・(汗)
モッズコートでも合っていました。

ラビットストールを洋服で

下側の2枚の写真↑は、友人に巻いてもらって撮りました。
若い人だと、カワイイ感じで使えそうです♪

 

真ん中から2つに折ってコートに羽織ると、ティペットみたいになりました。
衿先に同色のリボンを通せば、付け衿みたいにしても使えそうな感じです。

ティペットみたいに

 

 

 ニッセン・ラビットストールの良いところ

ニッセン・ラビットストールは、こんな風に和にも洋にも♪使いまわせるところが、
すごく便利で気に入っていますが。
何が良いって、ふわふわでしなやかな手触りと、艶やかな毛並みがイイです。
しかも、ラビットにありがちな「毛が抜けて困る」といった難が、まったく無いトコロが、
サイコーーーーでっす!!

ラビットストール・毛ツヤ

 

ただ1つ難があるとすれば『お手入れは毛皮専門店で』・・・と書いてあるトコロですかね。
これはかなり面倒に感じますし、クリーニング代も高くつきそうですから。。。

毛皮のクリーニング

 

・・・と、知人に話してみたところ。

「兎でしょ?!大丈夫よ、動物の毛なんて人間の髪の毛と同じなんだから~
シャンプーして、リンスしておけば、キレイになっていい香でふかふかよー♪」

と言われました。 (チャレンジャーな方は、あくまでも自己責任で、お試しになってみてくださいませ~)

そういえばワタシは、大雪が降った日(成人の日)に、ビショビショに濡らしてしまったのですが、
タオルで拭いて部屋干ししたら、スッキリ・ふんわり復活しました。

ついでに白状しちゃいますと、この日、ストールを首に巻いたまま「納豆巻」にかぶりついて、
納豆を毛にガッツりつけてしまった・・・という大失態をやらかしてしまったのですが!
濡れたストールをタオルで拭いて乾かす際に、ちょっぴり洗剤を含ませて、
汚れをつまむようにして拭いた
ところ、ニオイもネバネバもキレイに取ることができました。(←ホントのホント)

・・・ということで。
ニッセンさんのラビットストール、気に入っています!

 
2013.2.15現在、↓ブラウンタイプはすでに完売で、
グレーとダークブラウンが、あとわずかになっていました。
ラビットストール
 

販売期間は「2013.02.28」までと書かれておりましたので、
欲しい方はお早目の購入をおすすめさせていただきます♪

 

ニッセン・都粋はこちらから
きものを楽しく簡単に「都粋」

■ベルーナさんで、同じ?ラビットショールを見つけました!

ラビットストール

 

レビューポータル「MONO-PORTAL」  


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、現在は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん着付けを時々お手伝いさせていただいております♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。